返済金額を知っておく

カードローンを利用すれば、気になるのは毎月の返済です。プロミスでは、返済金額は利用残高によって変わります。つまり、限度額が高くても借入れが少なければ、毎月の返済も少なくて済みます。逆に、借入れを繰り返すほど、返済額も大きくなる点には注意が必要です。

 

プロミスの返済額について、1,000円未満は切り上げとなります。利用残高30万円以内であれば、利用残高の3.61%が返済額になります。30万円超~100万円までの場合、利用残高の2.53%が返済額になります。借入残高が100万円を超える場合には、利用残高の1.99%が返済額になります。

 

10万円借りた場合には、3.61%の3,610円を切り上げて、返済額は4,000円です。借入残高が減ればさらに返済額は下がります。1,000円未満は切り上げなので、1,000円単位で返済額は下がっていきます。例えば利用残高が5万円まで下がれば、返済額は2,000円まで下がります。

 

しかし、そこでまた5万円追加で借入れすれば、借入残高は10万円に戻るので、返済額は4,000円に上がります。

 

利用残高に応じて返済額が下がっていくと、中々完済しないというデメリットもあります。プロミスでは提携ATMなどを利用して、随時返済も並行して行えます。賢く利用したいのであれば、随時返済を有効活用して、借入残高を減らしていきましょう。

 

借り入れが増えてしまって利息があまり減っていかないと感じている方は、借り入れをまとめるおまとめローンの融資手続きに入ってみるのも良いでしょう。